HOME >> ダンボールとデザインの種類 >> 箱に収まらないダンボール

箱に収まらないダンボール

ダンボールは「箱に使うものである」と言う認識は既に古いもので、よく見れば意外な形に変化しているのを見つけることができます。

例えば、ダンボール製の棚などは「軽くて持ち運びがしやすい」として人気があり、ホームセンターなどで販売されているのを見つけることができますよね。

片付け様の箱として使用されることは今までもありましたが、今はさらに「おもちゃ本体」として加工されているダンボールもよく見ますので、ダンボールがいかに広い用途で使用されているのかを実感します。

ダンボールの用途がどうしてこんなに広がっているのか、それには諸説ありますが、リサイクル率が高いからだと言う話があります。

確かに、ダンボールのリサイクル率は非常に高い数字を叩き出しており、だからこそ色々なものに利用してリサイクルできる商品の範囲を広げられると考えたのかもしれません。

ダンボールは、現在では「箱」と言う概念に収まるものではなく、様々な用途があるものとして支持されているのです。

色々なダンボールと箱デザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。