HOME >> ダンボールとデザインの種類 >> ダンボールの種類を知っておこう

ダンボールの種類を知っておこう

ダンボールにも実は種類があり、その種類を使い分けることで用途に合ったダンボールを選ぶことが可能になります。

「片面ダンボール」は、ライナー一枚に波上のダンボール(中芯)をつけたもので、非常に手軽なつくりのダンボールになっています。

それにライナーを一枚プラスして、中心を挟むような形にしたものが「両面ダンボール」であり、それに更に細かい目の波状ダンボールをつけたものが「複両面ダンボール」と呼ばれるものです。

私たちが一番目にする機会が多いのは「両面ダンボール」であり、一般的には「みかん箱」と呼ばれるタイプのものになります。

ダンボールはこうして種類をたくさん作ることで、様々な商品に流用することができると言うメリットがあります。

また、強度なども細かく分けられており、頑丈なものは本当に頑丈で壊れにくくなっていますので、家具などに使用することができると言う訳です。

ダンボールの種類をみると、「上手いこと考えるな」と感心することも多いですよ。

色々なダンボールと箱デザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。