HOME >> ダンボールとデザインの種類 >> カラーダンボールの用途

カラーダンボールの用途

ダンボールの中でも目を惹くのが「カラーダンボール」の存在です。

ダンボールといえばクラフト紙の茶色がほとんどですが、現在は上からペイントを施した「カラーダンボール」が高い注目を集めており、このダンボールも良く見かける様になってきました。

カラーダンボールのいい所は、クラフト紙の上から色をつけるので「通常のダンボールよりも個性を演出しやすい」という点、そして「ペイントをしてもクラフト紙独特のぬくもりは残るので、個性の中にも温かさを出すことができる」という点です。

カラーダンボールは、特に「プレゼント用のダンボール」として使用されることが多いみたいです。

ラッピングアイテムの中によくカラーダンボールがありますが、これに手作りのものを入れてプレゼントをすれば、作り手の愛情まで相手に届く様な気がしますよね。

カラーダンボールは素朴な色合いのものが多いですし、手作りの雰囲気を損ないたくないという人にはぴったりのアイテムかもしれません。

また、カラーダンボールは子供のダンボールおもちゃとしても良く使用されています。

子供のダンボールおもちゃと言えば「ダンボールハウス」が有名ですが、ダンボールに色をつけて本物の家の様に作り上げていることがあります。

クラフト紙でできたダンボールハウスは、子供の創造性を伸ばす為にわざとクラフト紙のままにして、イラストを描いたり紙を貼ったりすることが容易である様に作られていますが、カラーダンボールで作られたダンボールハウスは、子供の小さな家の様になりますのでまた別の趣があります。

今は、業者の中にもカラーダンボールを受注しているところが増え、オーダーに合わせて色々な形状のものを作ってくれるところができています。

「カラーダンボールを使ってみたい」と言う人は、こういうところでカラーダンボールを探して見るといいかもしれません。

また、具体的に「こういう形状のカラーダンボールがほしい」と言う考えがある場合は、オーダーメイドを検討してみてもいいのではないでしょうか。

色々なダンボールと箱デザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。