HOME >> ダンボールとデザインの種類 >> 実際に使われているカラーダンボール

実際に使われているカラーダンボール

カラーダンボールは、割と多くのところで見ることができる様です。

例えばお店のPOP、これにもカラーダンボールが多用されており、カラーの巻きダンボールが市販されています。

そして、靴箱にもカラーダンボールが良く使われていますよね。

ショップで靴を購入すると、カラーダンボールの箱に入れて渡されることも多く、気をつけてみると色々なカラーダンボールを見ることができます。

小さなショップだと、カラーダンボールをダンボール関係業者に発注していることもありますね。

昔は箱という用途しか無かったダンボールですが、今は試行錯誤を重ねた結果、様々な形のダンボールが作られる様になっています。

カラーダンボールでイベント用のゴミ箱が作られていたり、イベント用のディスプレイが作られていたり、ありとあらゆるところでカラーダンボールを見る事ができる様になりました。

イベント会場だと、ゴミと一緒に捨てる事ができるダンボールのゴミ箱や、すぐにリサイクルゴミに出すことができるダンボール製の什器は重宝します。

特に、什器は正規の鉄でできた物を使用してしまうと、重くて持ち運びも大変ですし、組み立てにも時間がかかります。

気をつけて見てみると、カラーダンボールは思った以上に私たちの生活に根付いていることが解ります。

中には、カラーダンボールを使ってどんな形のものでも作ってくれる業者もいますので、オリジナリティのあるカラーダンボールを見る機会も増えました。

中には、本当に綺麗にペイントが施されていて、ダンボールとは思えないほど精巧に作られたものもあります。

街中で使われているカラーダンボールを探してみると、面白い発見があるかもしれませんね。

お店の店頭POPからイベント会場で使用される小物、そして子供のおもちゃに至るまで、カラーダンボールには様々な用途があります。

リサイクル率が高いダンボールの中でも、カラーダンボールの用途はますます広がっていますので、今後もどんどん見られる場所は増えていくのではないでしょうか。

色々なダンボールと箱デザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。