HOME >> ダンボールとデザインの種類 >> ダンボールの工作キット

ダンボールの工作キット

ダンボールの工作キットもよく販売されていますよね。

今は、夏休みの工作も市販のものを購入して組み立てる時代になっており、「自分で組み立てたものにアレンジを加える」と言う方法で作る子供も増えています。

低学年の子だと、工作で作ると言うことにも限界がありますし、キットで組み立ての方が、「ここをこうしたい」「これをこう塗りたい」など、自分でやることの幅が広がる様な気がします。

「1から自分で作った方が物づくりの基礎を学べる」と言う人もいますが、子供が1から何かを作ることは大変ですし、キットを使っての工作でも自分なりのアレンジを加えれば「駄目」と言うことはないのではないでしょうか。

さて、ダンボールのキットですが、幼稚園に通うくらいの子供が簡単に作ることができるものから、大人がやってもちょっとやりがいがあるものまで様々です。

ダンボールの工作キットで、ちょっと変わったものと言えば「迷路」ですね。

もちろん、実際に子供が通って遊ぶことができるもので、ダンボールのキットを組み立てることで巨大な迷路が完成します。

組み立ては大人が三人で行って大体30分程度で完成しますので、大きさの割に手軽で楽しいおもちゃになると思いますよ。

季節を感じさせるダンボールのおもちゃと言えば、「こいのぼり工作キット」「クリスマスツリー」ではないでしょうか。

どちらもクラフト紙をそのまま使用しているものですが、折り紙を貼ったり、ペンで描いたりしてオリジナルアイテムを作ることができる楽しさがありますよ。

幼稚園くらいの子供だと、トラックや電車をダンボールで簡単に組み立てることができるキットが販売されています。

これも、ペンや色鉛筆で色を塗ることができる様に工夫されていますので、子供と一緒に可愛いイラストを描いてみると楽しいかもしれません。

他にも、「手作りおみこし」「動物のおもちゃ」などを作ることができますので、ぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。

ダンボールで燻製が作れるアイテムと言うのもあるので、これは子供と親が一緒に挑戦したいですね。

色々なダンボールと箱デザインへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。